2011年05月18日

青山繁晴、緊迫する政局、内閣不信任案の行方を解説!

自民党執行部の1人が、沖縄訪問を突如キャンセル。その理由は「内閣不信任決議案を出すことになったから」 内閣不信任案「可決」で、自民党幹部&民主党幹部によると、菅抜き・小沢抜きの連立政権を目指す 青山繁晴参考人の証言要旨(2011年5月13日 参議院予算委員会)

ばればれ
歴史は繰り返す


民主党がひどい!と思ったらこちらを押してください→banner_03


posted by kamiryu09 at 23:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 青山繁晴ニュース解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
●更新日 05/13●探偵ファイル〜スパイ日記〜/ミステリー? 被災地に乱立する謎の看板
http://www.tanteifile.com/diary/2011/05/13_01/index.html


宮城県石巻市南浜町は、津波によって最も甚大な被害を受けた場所のひとつだ。震災発生から約2ヶ月が経過した五月冒頭に当サイト記者が訪れた際も、津波によって破壊された建築物の破片が散乱し、目を背けたくなるような惨状を呈している。



南浜町の市の中心部寄りの地区には、瓦礫を撤去する自衛隊やボランティアが大勢見られたが、海に近くなると途端に人の気配が無くなる。

荒野のようになった住宅街の一角に不可解なものを見つけた。



※プライバシー保護のため一部を伏せる。

廃墟と化した土地にぽつりと看板が立っている。

この土地の所有者が目印に立てたものかと思われたが、少し歩くとまた見つかった。

それどころか、そこら中に乱立している。記者が確認しただけで14個の看板があった。

これは何を意味しているのか。


表札の名前は違うが……?

市の職員、警察署、自衛隊に聞き込みをしても返ってくる言葉は全て「わからない」だ。

また、ある地元ボランティア男性によると、この海沿いの地区は将来的にソーラーパネルを敷設して大規模な発電地帯にする計画があるのだという。

だとすると民間とおぼしきこの企業の看板が立っているのは、なお不可解だ。

近隣を通りかかる住民に話を聞く。看板の存在に気づいている方、気づいていない方は分かれるが、やはり「わからない」という答え。謎はますます深まる。しかしある非番の警察官が「この会社とは関係ないかもしれないが」と断った上で、こんな噂を聞かせてくれた。

「震災のどさくさに紛れて、滅茶苦茶になった他人の土地に囲いをして、所有権を叫ぶ外国人がいると聞きます。しかし目にしたことはありませんし、登記簿を確認すれば一目瞭然なわけですから、震災の混乱の中で生まれたデマだと思いますが。しかし火事場泥棒的な事例として、壊れた車の撤去を格安で請け負うとうたう業者はいるようです。車の撤去は自衛隊や市がもちろん無料で行っているので、そんな所に頼む必要はありません」

住民の中には、疑念を抱く人もいる。この看板は誰が、何のために立てたものなのか。

今回の調査ではその正体を解明できなかったが、引き続き調査を継続したい。

探偵ファイル@看板の情報を募集しています。

Posted by at 2011年05月23日 02:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。