2010年12月23日

青山繁晴、硫黄島遺骨収容の厳しい現実を解説!

青山繁晴、硫黄島の遺骨収容問題の現状について解説! 青山繁晴さんの「ニュースDEズバリ」、今回は硫黄島遺骨収容の厳しい現実について解説します。最初のキーワードは『何のためにやるのか』。

菅首相が12月14日に硫黄島訪問しかしそれは10分間だけの滞在滑走路の下に閉じ込められたままの英霊遺骨収容の厳しい現実。「いまレーダーなどで、滑走路下の遺骨を探査している。滑走路引きはがしを避けたいのが、防衛省と政府全体の空気だ」と言う少数派の防衛省幹部。

冒頭のニュースでは、尖閣ビデオ流出事件で一色正春海上保安官を書類送検来年度予算編成に向け“埋蔵金”捻出小沢一郎国会招致問題で民主党党内対立深まるのニュースを取り上げています。


民主党がひどい!と思ったらこちらを押してください→banner_03


posted by kamiryu09 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 青山繁晴ニュース解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。