2010年11月25日

青山繁晴、北朝鮮砲撃戦の真相と拉致問題の転機を解説!

北朝鮮の金一族の排除で、全ての政治犯や拉致被害者が出てくる。日本が当事者である拉致問題に大きな転機が・・・ 青山繁晴さんの「ニュースDEズバリ」、今回は北朝鮮砲撃戦の真相と拉致問題の転機について解説します。最初のキーワードは『日本こそ当事者』。

北朝鮮砲撃戦金正日総書記が指揮を執ったと見られる、3月26日の韓国哨戒艦撃沈事件もこの海域で。北朝鮮砲撃戦の背景は、三男・正恩氏への世襲がうまくいっていないこと北朝鮮は「中国が怖くて、アメリカを引きつけておきたい」。そして、北朝鮮は日本の六ヶ所村施設がモデルとなったウラン濃縮施設をアメリカに公開核技術を海外に売る可能性もアメリカにアピール

アメリカが北朝鮮を攻撃すれば、一番困るのは中国焦る中国は、北朝鮮軍部による集団指導体制への移行を加速させ、それは「2012年」前後!これが日本の拉致問題の解決にとっては『最初で最後のチャンス』。北朝鮮の金一族の排除で、全ての政治犯や拉致被害者が出てくることになり、この砲撃事件は日本がまさしく当事者である拉致問題に大きな転機が・・・

冒頭のニュースは、北朝鮮の砲撃で民間人2人死亡のニュースを、その他のニュースでは、与野党党首会談で問責決議案見送りのニュースを取り上げています。

北朝鮮砲撃戦、3月26日の韓国哨戒艦撃沈事件もここで 焦る中国は、北朝鮮軍部による集団指導体制への移行を加速させ、それは「2012年」前後!


民主党がひどい!と思ったらこちらを押してください→banner_03


posted by kamiryu09 at 01:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 青山繁晴ニュース解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上村様

いつもアンカーのアップを有難うございます。
今回は予備のほうで問題なく見れました。今のところは、ですが。

このような情報こそが報道であり、マスコミであるべきではないのでしょうか。
Posted by Frank at 2010年11月25日 10:28
Frankさん、リンク情報ありがとうございます。
なぜか今は埋め込み動画が見られます。また見られなくなりましたら、リンクを修正しますのでよろしくお願いいたします。

青山さんのニュース解説はわかりやすくて助かりますね。青山さんの取材力にはいつも感服しています。
Posted by 上村龍司 at 2010年11月25日 21:34
青山さんのアンカー見ようと思ってクリックすると、「非公開動画です。送信された場合には送信者のお友達リクエストを受けてください。」だったかな?こんなメッセージが出ます。どうすれば見る事ができますか?
Posted by めめこ at 2010年11月26日 12:21
めめこさん、コメントありがとうございます。
今回の埋め込み動画はよくわからないのですが、見られたり見られなかったりするようです。まだ動画が存在しますので取りあえず残しておきます(画質がよいので)。

もしどうしても見られない場合は、予備の方のリンクを直しておきましたので、そちらでご覧ください。
Posted by 上村龍司 at 2010年11月26日 21:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。