2010年11月18日

青山繁晴、尖閣ビデオ流出逮捕見送りの真相とAPEC外務省サボタージュを解説!

報道されない「検察レジスタンス」と「APEC外務省サボタージュ」 青山繁晴さんの「ニュースDEズバリ」、今回は尖閣ビデオ流出逮捕見送りの真相とAPEC外務省サボタージュについて解説します。最初のキーワードは『レジスタンスとサボタージュ』。

尖閣ビデオ流出・海上保安官の逮捕見送り「官邸と最高検からは“逮捕せよ”という強いプレッシャーがあった」 まず東京地検のレジスタンス尖閣沖衝突ビデオ流出事件官邸と最高検・大林宏からは“逮捕せよ”という強いプレッシャーがあった。しかし東京地検は異例の土曜・日曜聴取なし。これは最高検へのレジスタンス!このレジスタンスの根源は、「中国人の船長を釈放して、日本の海の保安官を逮捕できない」!そして映像ファイルは海上保安大学校にあり、海上保安官が「見なくてはいけない」ものだった

次に外務省のサボタージュ。キーワードは『まさか中国と・・・』。なかなか始まらない日中首脳会談。しかしホスト国が首脳会談を断られた前例はなく、菅首相はそれを知らなかった!胡錦濤の横で手にしたメモを読み出す菅首相日露首脳会談では「大統領の国後訪問は“日本国民の感情”から受け入れられない」の文言。外務省はまさか中国と手を組んだ・・・?

冒頭のニュースでは、柳田法相の問題発言を野党が厳しく追及のニュース、その他のニュースでは、与党内から不要論の出る事業仕分けを取り上げています。青山さんが出演したサンデースクランブルの動画もリンクさせておきます。

東京地検のレジスタンスの根源は「中国人の船長を釈放して、日本の海の保安官を逮捕できない」! APEC日中首脳会談:胡錦濤の横で手にしたメモを読み出す菅直人!胡錦濤は開いた口がふさがらない!


民主党がひどい!と思ったらこちらを押してください→banner_03
posted by kamiryu09 at 05:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 青山繁晴ニュース解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169775231

この記事へのトラックバック

米国二大政党の異なる対日関係史 Part4
Excerpt: 日本の夜明け・・・それは正しい歴史を知ること、つまり自虐史観からの脱却から始まるといっても過言ではない。
Weblog: 風林火山
Tracked: 2010-11-19 00:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。