2010年11月11日

青山繁晴、尖閣沖衝突ビデオ流出事件の真相を解説!

尖閣諸島沖中国漁船衝突事件ビデオ流出、無罪になる可能性も 青山繁晴さんの「ニュースDEズバリ」、今回は尖閣諸島沖中国漁船衝突事件ビデオ流出の真相について解説します。最初のキーワードは『公務員の「秘密」って何?』。

ビデオ流出、海上保安庁は当初から内部流出を指摘していたビデオは海上保安官の研修用に作成されたもの政治の都合で映像が突然機密扱いになったこのビデオは「機密」と立証できるのか検察内で意見が真っ二つに割れている。1977年の最高裁の判決によれば、ビデオ流出は国家公務員法100条(守秘義務)違反には該当せず、無罪になる可能性が

そして『裁かれるのは誰か』。外間守吉・与那国町長は10月16日に開かれた「中国の領海侵犯から尖閣諸島海域を守る沖縄県民の集い」の中で、「アメリカの施政下の尖閣には誰でも行けた。日本に復帰してから行けなくなった」と発言。裁かれるのは海上保安官なのか? 菅首相仙谷官房長官、そして自民党歴代の総理大臣ではないのか。

その他のニュースでは、TPP協議開始、オバマ大統領がアジア歴訪を取り上げています。

海上保安庁、当初から内部流出を指摘 外間守吉・与那国町長「アメリカの施政下の尖閣には誰でも行けた。日本に復帰してから行けなくなった」


民主党がひどい!と思ったらこちらを押してください→banner_03
posted by kamiryu09 at 01:34| Comment(3) | TrackBack(3) | 青山繁晴ニュース解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
青山さんの動画ありがとうございます。
そして、関西テレビさん、ありがとうございます。一連の尖閣沖衝突事件の発生からビデオ流出事件の顛末、国を憂う多くの方々が語っていますが、やはり青山さんのが一番です。青山さんの鬼気迫る国を思う必死さが生の声を通して伝わってきます。しかも事実に基づくすごいネタがいっぱい、さすが元新聞記者はすごいです。
Posted by at 2010年11月11日 23:33
いつも青山さんの動画紹介ご苦労様です。
わたしは青山さんのアンカーはこのブログで知りました。毎週かかさずアップしてくださるので助かっています。鳩山政権のときのAAなどには不謹慎ですが笑わせてもらいました。順位は下がってしまいましたが応援しています。鳩山小沢や管仙石にしろここまで日本国民を愚弄しないがしろにする政権は本当に許しがたいです。
Posted by あさやん at 2010年11月12日 04:12
コメントありがとうございます。
尖閣諸島の事件、目が離せませんね。日本人の意識が少しずつ変わってきているので今後も注目です。
それには、やはり青山さんのニュース解説は欠かせませんね。

今後も動画リンクしていきますので、よろしくお願いします。
Posted by 上村龍司 at 2010年11月12日 20:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168987873

この記事へのトラックバック

尖閣ビデオ流出の真相 青山繁晴
Excerpt: 日本の安全保障の専門家であり、海上保安庁公認の政策アドバイザーも兼務する青山繁晴氏が、尖閣衝突ビデオ流出事件の舞台裏の真相を熱く語っている動画がある。
Weblog: 風林火山
Tracked: 2010-11-11 21:53

米国二大政党の異なる対日関係史 Part2
Excerpt: 櫻井よしこ氏いわく、「日本の歴史を知らない者は、もはや日本国民ではない」と、世界一自国の本当の歴史を知らない現在の日本人を憂いている。
Weblog: 風林火山
Tracked: 2010-11-13 17:25

米国二大政党の異なる対日関係史 Part3
Excerpt: 日本の左翼マスコミが絶対に報道しない情報、日米開戦当時の米国の政治の舞台裏とその真相を知れば、日本悪玉史観(自虐史観)が如何に愚かであると気付くと思う。
Weblog: 風林火山
Tracked: 2010-11-15 22:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。