2010年11月04日

青山繁晴、愚弄される日本外交、中国・ロシア問題の真相を解説!

愚弄される日本外交に活路はあるのか? 青山繁晴さんの「ニュースDEズバリ」、今回は愚弄される日本外交、中国・ロシア問題の真相について解説します。最初のキーワードは『』。日中首脳会談は中国がドタキャン楊外相の低姿勢と反して、中国外務次官補が前原外相を批判親米反中の前原外相はハメられた

前原外務大臣の外交方針は、日米の結束を強化する、ほかの東アジアの国々と静かに連携する、中国には泰然と臨む。 尖閣諸島を我が物にしようとしている中国に振り回される中、ロシア・メドベージェフ大統領が北方4島・国後島に初上陸ロシア問題にあるのは外務省の『サボタージュ』。国際社会のルールを無視して強硬になる中国とロシア、そこには日本に眠るメタンハイドレートを巡る資源獲得戦争が・・・

冒頭のニュースでは、アメリカ中間選挙とロシア外交を、その他のニュースでは、警視庁内部文書流出問題を取り上げています。青山さん出演のTVタックルもリンクさせておきます。

ロシア・メドベージェフ大統領が北方4島「国後島」に初上陸 強硬な中国とロシアの背景には、日本のメタンハイドレートを巡る資源獲得の競争が!


青山繁晴「ANCHOR」11月3日(2)


青山繁晴「ANCHOR」11月3日(3)


青山繁晴「ANCHOR」11月3日(4)

民主党がひどい!と思ったらこちらを押してください→banner_03


posted by kamiryu09 at 00:13| Comment(1) | TrackBack(1) | 青山繁晴ニュース解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海外にいる者です。
青山さんのニュースDEズバリの超一流解説(動画)がとても楽しみでした。
〈ぼやきくっくり〉さんが、ご丁寧に文字データーを掲載して下さって大変ありがたいですが、もう一度動画で見れるように関西テレビさんにお願いできませんか。
海外にいるたくさんの日本人の為に。
Posted by at 2010年11月05日 17:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【必読】 国連信仰という愚かなる虚妄 Part2 【要拡散】
Excerpt: 国連に関して驚くべきは、1994年に国連創設以来初めて会計監査が行われたが、その監査責任者C・パシケの報告書には「国連が世界で最も腐敗している機構だという結論に達した」そうだ。
Weblog: 風林火山
Tracked: 2010-11-06 00:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。