2010年10月21日

青山繁晴、反日デモと中国共産党権力闘争の真相を解説!

仙谷官房長官の狙いは「中国人船長ひっそりと不起訴へ」 青山繁晴さんの「ニュースDEズバリ」、今回は反日デモと中国共産党権力闘争の真相について解説します。最初のキーワードは『中国に乗せられた日本のメディア』。

習近平、ポスト胡錦濤に内定!しかし前日まではこの選出はつぶれていた。 再燃した反日デモ中国の内部で今何が起きているのか? 中国共産党「5中全会」の最中で起きた反日デモは、日本企業と関係のない内陸部で3日連続で起きた。そんな中で、習金平がポスト胡錦濤に内定! 内陸部の都市を選んで反日デモをやらせたのは、江沢民派による胡錦濤主席への圧力! そして北朝鮮の動乱は、台湾を抑えるチャンス!

次に『9月24日はほんとうに国辱の日か?』。中国漁船衝突事件、釈放された船長は処分保留。しかし仙谷官房長官の狙いは、中国人船長をひっそりと不起訴へ不起訴に終わったときが本当の国辱の日そして、劉暁波氏のノーベル平和賞からもわかるように、日本が中国と対立しているのではなくて、世界が中国と対立している・・・

冒頭のニュースでは、混迷が続く日中関係として、石垣の尖閣上陸決議反日デモレアアース前原外相発言橋下大阪府知事発言を、その他のニュースでは、チェチェン共和国で武装勢力が議会襲撃朝鮮学校の無償化・民主党容認へを取り上げています。

再燃した反日デモ、中国の内部で今何が? 3日連続で起きた「反日デモ」、その背景は?

青山繁晴「ANCHOR」10月20日(2)

青山繁晴「ANCHOR」10月20日(3)

青山繁晴「ANCHOR」10月20日(4)
反日マスコミの実態「テレビ関係図」と「早く消えてほしい国アンケート」も出しておきましょう。

反日マスコミ:テレビ関係図


民主党がひどい!と思ったらこちらを押してください→banner_03


posted by kamiryu09 at 20:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 青山繁晴ニュース解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
10/21にUPした動画はCMがあって見にくかったので、UPし直しました(10/24)。これで見やすくなったかと思います。

YouTubeは他の動画サイトと比べて軽くていいのですが、なんせね・・・(笑
Posted by 上村龍司 at 2010年10月24日 05:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。