2010年09月29日

青山繁晴、尖閣事件・中国人船長釈放の舞台裏を解説!

中国の誤算は、日本国民の目が覚めたこと 青山繁晴さんの「ニュースDEズバリ」、今回は尖閣諸島沖中国漁船衝突事件・中国人船長釈放の舞台裏について解説します(動画3・4・5)。最初のキーワードは『中国の誤算』。

中国人船長の釈放、本当は何があったのか? 那覇地検の会見では「捜査を継続した場合のわが国国民への影響や、今後の日中関係を考慮すると」という文言で、「法と証拠に基づいて」とはない。菅首相から仙谷官房長官、そして柳田法相大林検事総長と下った船長釈放の圧力だが、検察内部は異論噴出

もう一つの圧力経済界日本経済が中国頼みになるというのが『ほんとうの亡国』。しかし中国にも誤算が。中国はやりすぎで世界から孤立、そして日本国民の目が覚めた・・・!

anchor100929b.jpg 船長釈放のもう一つの圧力は経済界。「検察だけがいい顔をして正義漢になって、その陰で日本経済が破綻してもいいのか」

冒頭のニュースは、北朝鮮が44年ぶりの朝鮮労働党代表者会で金ジョンウン氏を後継者と正式決定のニュース(動画1)と中国漁船衝突事件の続報動画2)を、その他のニュース(動画6)では、東国原知事の知事選不出馬表明ロシア北方領土への動きのニュースを取り上げています。


民主党がひどい!と思ったらこちらを押してください→banner_03
posted by kamiryu09 at 22:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 青山繁晴ニュース解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
誠司主導か。聞いて呆れるわ
Posted by まえはら at 2010年10月02日 00:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164163771

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。