2010年09月23日

青山繁晴、尖閣諸島沖中国漁船衝突事件の深層、日中攻防と日米関係の真相を解説!

中国漁船衝突事件の本質は、日本型と中国型の統治システムの戦い。「アジアが息をつめて見ている」 青山繁晴さんの「ニュースDEズバリ」、今回は尖閣諸島沖中国漁船衝突事件の深層、日中攻防と日米関係の真相について解説します。

最初のキーワードは『アジアを守れるか』。中国漁船衝突事件、石垣簡裁が船長の拘留延長決定。しかし、中国国民は日本の「司法の独立」を理解できない中国漁船は今でも毎日20隻程度が操業違法操業は中国政府の指示ここに、民主主義日本型と独裁中国型の統治システムの戦いがあり、アジアは息をつめて見ている

アメリカ側の一致した認識は、「中国の動きは、子どもっぽいものではない。戦略的であり、偶発事故ではない。日本が大人の対応をしていると、尖閣諸島だけでなく沖縄近海も含め、全て取られるだろう」 そして日本を挑発する中国側の狙いは、(1)尖閣諸島を領土問題に格上げしたい(2)前原外相をこの機につぶしておきたい、という2つ。菅内閣の目玉は、前原外相と日米関係の修復。アメリカは中国の動きを警告し、日米間では『空母登場』を検討! 原子力空母「ジョージ・ワシントン」のさりげない派遣、そして日米同盟の現状を確認する中国中国漁船衝突事件は次なる展開に・・・

中国の狙いは「前原外相をこの機につぶしておきたい」 今、日米間で検討しているのは、原子力空母「ジョージ・ワシントン」のさりげない派遣

冒頭のニュースでは、郵便不正事件を巡る証拠改ざん事件で現役特捜検事・前田恒彦が逮捕のニュース、その他のニュースでは、柳田拉致担当相が家族会と面会のニュースを取り上げています。


民主党がひどい!と思ったらこちらを押してください→banner_03
posted by kamiryu09 at 15:41| Comment(3) | TrackBack(3) | 青山繁晴ニュース解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>アジアは息をつめてみている
日本はアジアから孤立していませんよ。
かかる論調は反日マスコミの陰謀です。
Posted by 猛虎の友 at 2010年09月24日 23:56
やはり黒幕は仙谷官房長官でした!
青山さんの今日の解説の紹介です。

「私的憂国憂国の書」さんより
http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-327.html
Posted by obasan at 2010年09月26日 21:30
obasanさん、情報ありがとうございます。
次の記事「青山繁晴、尖閣事件・中国人船長釈放の舞台裏を解説!」でその動画をリンクさせておきました。本当に助かります。
Posted by 上村龍司 at 2010年09月29日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163513663

この記事へのトラックバック

転載記事&要請書文例:緊急拡散《尖閣を如何にして守るか、日本の世論の動向を見ている中国人民解放軍!》〔『水間条項』より転載〕&文例「前原外務大臣へのビデオ公開要請書」*文例は利用、改変可*
Excerpt: はじめに クリックをお願いいたします! ◆◇◆今般の主旨◆◇◆ ●ブログ
Weblog: 【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】
Tracked: 2010-09-23 21:43

日本精神の要 靖国神社
Excerpt: 過去十数年間、アジアとのビジネス経験から台湾、中国に関しては情報収集することが多かった。
Weblog: 風林火山
Tracked: 2010-09-26 20:15

アジアの命運を握る台湾情勢
Excerpt: 当ブログの前回の記事では、自虐史観から目覚めるキッカケとなった日本精神の復興と強い日本を待ち望んでいる台湾人の文献を紹介した。
Weblog: 風林火山
Tracked: 2010-09-29 00:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。