2010年09月19日

民主党代表選・菅直人再選で、小沢マンセーの日刊ゲンダイときっこが赤っ恥!

日刊ゲンダイは民主党の機関紙です。 民主党代表選で菅直人が再選!というのは、だれもがご存じのニュースだが、「菅圧勝、小沢惨敗」ではなく、「菅直人、薄氷の勝利」というのが現実のようだ。これについては青山繁晴さんの解説に任せるとして、ここで取り上げたいのは「小沢マンセー!」と声高らかに記事を書いていた日刊ゲンダイこと日刊ヒュンダイきっここと姜桂順の無惨である。これほど反日チョンの妄言が明らかになったこともないだろう。

まずは日刊ゲンダイ日刊ゲンダイが反日チョンのタブロイド紙であることは、先刻ご承知のところなので、今回は「日刊ヒュンダイ・民主党代表選報道の奇跡」を曝してみよう。

9月1日からの日刊ゲンダイの表紙は次のようになっている。

日刊ゲンダイ2010年9月1日「小沢が勝つ全真相」 日刊ゲンダイ2010年9月2日「共同会見、小沢が圧倒」 日刊ゲンダイ2010年9月3日「小沢雄弁、蓮舫“公務”放棄」 日刊ゲンダイ2010年9月4日「激変代表選、世論も小沢」 日刊ゲンダイ2010年9月6日「小沢独占インタビュー、日本を変える」 日刊ゲンダイ2010年9月7日「大反響、小沢インタビュー第2弾」 日刊ゲンダイ2010年9月8日「代表選ヒートアップ、小沢に秘策」 日刊ゲンダイ2010年9月9日「宗男収監、小沢潰し」 日刊ゲンダイ2010年9月10日「民主代表選、菅優勢のウソ」 日刊ゲンダイ2010年9月11日「小沢派に恫喝電話」 日刊ゲンダイ2010年9月13日「小沢リード葬られた、菅ではダメだ大特集」 日刊ゲンダイ2010年9月14日「民主党代表選、最悪だ菅再選」 日刊ゲンダイ2010年9月15日「小沢大敗カラクリ」

いやはや、「小沢マンセー」の大合唱・・・ご苦労さまでした。菅直人再選が決まった9月14日には「無能菅再選で一巻の終わり始まる」と題し、「民主党の国会議員、党員、サポーターは大バカ野郎だ」ときたもんだ。大したものですな。

そしてきっこきっこの本名が姜桂順で、情報提供者が梅基展央であることは、つとに知られているが、今回は反日チョンまる出しで「民意は小沢支持」とぶち上げ、『「きっこのブログ」のアンケートは・・・どう考えたって「こっちのほうが正確な民意」と呼べるだろう』とのたまうとは、いやはや大したものです。情報元は仙谷由人馬淵澄夫・・・ありゃ、両方とも菅直人支持か。まぁ情報元はよくわからないが、菅直人再選が決まったあと、開票操作があったかのように書くきっこは、あまりにも痛い。

それにしてもミンス信者が根本的に勘違いしていることがある。それは、普通の日本人が今回の民主党代表選を冷ややかに見ていたという事実だ。「痛いニュース(ノ∀`)」の書き込みで「下痢と便秘どっちを選ぶかってレベルだから仕方ないな」という至言があったが、反日マスコミチョン電通がいくら盛り上げても、まともな日本人はシラけてるのだ。民主党代表選は、シナチョンが大手を振って歩く今の日本の哀しき状況を映し出しているのかもしれない

それにしても、日刊ヒュンダイ信者きっこ信者はどう思っているのだろう。ここまで反日チョンの妄言が明らかになっても信者を続けるのだろうか。反日チョンの妄言にはくれぐれもご注意ください・・・としか言いようがないか。。。


民主党がひどい!と思ったらこちらを押してください→banner_03


posted by kamiryu09 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 特亜反日関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。