2010年06月23日

菅直人、韓国人ホステスとの隠し子発覚!菅直人に韓流ハニートラップ疑惑!

菅直人「オンナ」の噂を追う(『週刊文春』2010年6月24日号) 菅直人の女性スキャンダル報道が広がっています週刊文春』6月24日号を先駆けとし、台湾の「中国時報」「自由電子報」、香港の「新浪網」「頭條新聞」、中国の「成都商報」、シンガポールの「星洲日報」などで報道されています。

菅直人の相手と噂されるのは、赤坂の韓国クラブ「新羅」の「ミカちゃん」嬢。なんでも国家情報院に通じている可能性があるとか。この裏が取れれば、世界的な一大スキャンダルとなりますが、果たして・・・。それにしても「政策は真っ赤で、夜はピンク」は名言ですね!

菅直人「オンナ」の噂を追う
 自民党幹部がバクロした醜聞
 韓国クラブ「S」のホステスと2歳の子ども!?
 韓国に派遣された調査員。
 さらに亀井静香が突きつけた「新たな女性」…

「与謝野(馨)氏周辺からの情報だが、菅さんには、韓国人ホステスとの間に、隠し子がいるようなんだ。もう二歳くらいかなオンナは数年前に帰国させたんだけど、実は国家情報院に通じているという話もある。ウラは取れていないんだけどね。でも、菅さんなんかに日本の行く末を任せてられないだろ

 自民党の安倍晋三元首相に近いジャーナリストはこう語る。この情報が事実なら、国家の安全保障をも揺るがす大スキャンダルなのだが……。

「官邸も『安倍氏周辺が流している情報』として把握し、調べているようです。民主党幹部は『参院選後ならともかく、このタイミングでオンナ絡みの噂が出るのは困るね』とこぼしていました」(政治郎記者)

 自民党政権を担ってきた保守政治家からすれば、市民運動家出身で、拉致事件に関わった辛光洙元死刑囚の釈放嘆願書に署名した過去もある菅首相は、到底許せるものではないのだろう。中でも安倍氏は、「日本を危険な方向に導く左翼政権そのもの」と強く批判している。永田町でささやかれる“隠し子情報”の源流をたどっていくと、自民党中堅議員にたどり着いた。

「もともとは、知り合いの銀座関係者から『赤坂でよく飲んでいる政治家筋のお客さんから聞いた話』として、教えてもらったんです。女は赤坂にあった韓国クラブ『S』の元ママ実際、民主党の議員は韓国クラブで遊ぶことが多い政策は真っ赤で、夜はピンクというワケ(笑)。現在、情報を確かめるために、調査員を韓国に派遣しています。重大な証拠を持ち帰れば、菅政権も一巻の終わりでしょう」(同議員)

 情報の真偽はともかく、自民党は本気で調査に乗り出しているのだ

 実は、数多くの政財界関係者が出入りするSは、これまでも世間を揺るがす事件の舞台になってきた。

「防衛利権疑惑で収賄などの罪に問われている守屋武昌元防衛次官が、防衛専門商社『山田洋行』の元専務からSでたびたび接待を受けていた。Sでは、最も安いウイスキー『シーバスリーガル』のボトルが二万円で、おつまみが一万円。何時間座っても値段は一緒で、客単価は五万円前後でしょう」(韓国クラブ関係者)

 十年ほど前には、偽造旅券を使って繰り返し密入国していた金正男が、お忍びで来店していたこともある。ロレックスの高級腕時計をつけた正男は、意外にも紳士的な態度で振舞い、カラオケで長渕剛を熱唱していたとも報じられた。

 しかし、Sは「今年春頃、経営者が夜逃げした」(同前)ためか、別の名前の店に変わっていた

 一方、相手の女性は、Sとは別の店のホステスだとの情報も流れている

同じ赤坂の韓国クラブ『B』で働いていたとも言われています。この店は民主党関係者の来店も多く、赤松広隆前農水相が昨秋、大臣就任パーティーを開こうとしたこともあった。赤松氏に多額の献金をしているパチンコ業者の会長たちも頻繁に顔を出していました」(永田町関係者)

 同店の常連である張本勲氏もこう証言する。

「ホステスは25人ほどいる。国会議員は結構来ているし、菅さんも来ていると聞いたことがあるよ

 Bもまたオーナーママが08年秋、入管難民法違反で逮捕され、休業に追い込まれていたが、こちらは新しい経営者のもと、すでに営業を再開している。

 小誌はBを訪ねたが、屈強な黒服に「一見さんはお断り」と言われ、取材には応じてもらえなかった。

 野党が血眼になって菅首相の愛人と隠し子を探している中、連立を組む国民新党の亀井静香代表からも、不穏な言葉が飛び出した

 十日午前、都内にある亀井氏の個人事務所で、仙谷由人官房長官と郵政改革法案の審議をめぐって、激しい言い争いを繰り広げていたときのことだ。突然、亀井氏が言い放ったという。

議員会館にいる菅のオンナのことをバラすぞ!

 ドスの利いた亀井氏の脅し文句に対し、仙谷氏はあくまで淡々と「会期延長は厳しい」と伝えたという(亀井事務所は「そういった発言はなかったと思います」と回答)。

 議員会館のオンナとは誰か? 官邸も関係各所に問い合わせたが、亀井氏が誰のことを指して言ったのか分からないままだという。

 民主党関係者の話。

菅氏は自前で女性スタイリストをつけています。テレビ出演の際は、彼女にコーディネートしてもらっているそうですが、彼女のことなんでしょうかねえ」

 政権発足直後から、こうもオンナの話が取り沙汰されるのはなぜなのか。俄には信じ難い情報ばかりだが、自民党が韓国に人を派遣してまで調べているのは、やはり菅氏に“前科”があるからこそ、だろう。

 98年11月、小誌がスクープした、元女性キャスターとのスキャンダルだ。

 当時、民主党代表だった菅氏は、伸子夫人の待つ吉祥寺の自宅に戻らず、都内の全日空ホテルなどで元キャスターと幾度も逢瀬を重ねていたまだ珍しかった紺色のプリウスで、二人きりのドライブを楽しむこともあった。さらに、参院選の選挙広告に、メディアコンサルタントをしていた彼女の案を参加させることで、便宜を図ったとの公私混同疑惑も浮上していた

 小誌記者の直撃に対し、秘書を通じて文書で回答する」とポツリと答えた菅氏だったが、回答はナシ。他の報道陣の取材からも逃げ回り続けていたのである。

 「定例会見では、エリツィンとクリントンを言い間違えるなど、かなり動揺していました。文春の記事が出た一週間後、ようやく釈明会見を行いましたが、政治部の担当記者限定の非公開会見でした。しかも、虚ろな視線のまま、『家内にバカタレと言われて叱られた』『(彼女とは)仕事上でいろいろお願いをしていた。それ以上の関係ではございません』と歯切れの悪い言い訳に終始していました」(民主党幹部)

 実は、会見前夜まで菅氏は、男女関係を認めるつもりでいたという。ところが、元女性キャスターを説得できず、一転して「全面否定」となったようだ。

「記者会見の前日、山形県連の集会に現れた菅氏は、ハッキリと『答えるよ』と言っていました。ところが、その後も一切、説明責任を果たしていません」(取材した小誌記者)

 不適切な関係そのものよりも、「嘘」の上塗りをすることで事態を切り抜けようとしたことのほうが、政治家としての「罪」は重いのではないか

 この一件以降、菅氏は秘書から「都心のホテルに宿泊するときは、伸子夫人を同伴してください」と懇願され、今も素直に従っているという。「バカタレ」の一言で夫の不貞を許し、窮地を救った伸子夫人にも頭が上がらなくなった

「政権交代後、ホテルニューオータニなどに泊まることの多い菅氏ですが、最近は伸子夫人と手をつないで円満ぶりをアピールしています」(官邸担当記者)

 では実際のところ、“隠し子情報”の真偽はどうなのか。官邸からは締め切りまでに回答を得られなかったが、菅事務所関係者は、こう語る。

ただでさえケチな菅氏が五万円もするような韓国クラブ『S』に行くだろうか飲むときは、たいてい銀座の行きつけのバーでクダを巻いています。それ以外だと、青山宿舎に住んでいた頃から通う六本木のバー。ここも古くから知るママがやっている店です」

 もし疑惑が露呈したとしても、説明もせずに逃げ回り、「嘘」で切り抜ける愚を繰り返すことになるのだろう。


菅首相に痛撃!韓国人情婦との私生児を韓国で養育か?

中国時報China Times

最新号の日本の『週刊文春』は、野党自民党の幹部が暴露した、日本の民主党の新しい首相の菅直人と韓国人ホステスとの間に2歳の私生児がいて、母子の2人はすでに韓国に送られて生活していると報道しています。自民党はこのスキャンダルを菅直人新政府の良い攻撃材料だと思い、すでに調査員を韓国に送って調査させています

この情報は、与謝野馨の周辺、自民党の元首相の安倍晋三に親しい記者から聞き出した、国家の安保に係わる大きいスキャンダルになると報道しています」

菅直人の愛人キャスター戸野本優子報道

民主党がひどい!と思ったらこちらを押してください→banner_03
posted by kamiryu09 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 民主党売国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154249868

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。