2009年12月29日

鳩山由紀夫が⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

鳩山政権100日 決断できぬ首相、真価は

 鳩山政権発足から24日で100日。75%という高い内閣支持率でスタート後、巡航速度で推移しながらも、沖縄県の米軍普天間基地移設問題自らの偽装献金疑惑といった懸案が表面化し、受け身や後手に回る光景も目立つ。鳩山由紀夫首相の言葉が内外の懸案を一段と複雑にしているのも最近の特徴だ。「ご祝儀」の期間は去り、鳩山由紀夫首相の真価が問われ始める。

 ブーン、ブーン首相官邸5階にある執務室で時折、振動音が響く。首相が息抜きとして木製バットを手に素振りをするためだ。フルスイングする首相の姿に面会者は目を丸くするが、それも最近、減ってきたという。「余裕がなくなってきたのでは」と首相周辺はつぶやく。米政界には政権発足後100日間程度を「ハネムーン」と呼び、メディアや議会などが批判を控える慣習がある。公開で実施した予算の「事業仕分け」が多くの国民に評価されるなど「政治主導」への試みは一定の支持を受けている。


鳩山由紀夫が⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン「そんなことより野球するぽっぽ!」

民主党がひどい!と思ったらこちらを押してください→banner_03


posted by kamiryu09 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 民主党売国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。