2009年12月26日

鳩山由紀夫首相は偽装献金事件で公民権停止!総理辞任して議員バッジを外すことは必定!

青山繁晴さんが鳩山首相の辞任を解説していましたが、西田昌司議員がこの問題を2009年11月6日の参議院予算委員会で追及しています鳩山由紀夫脱税総理は法律にのっとって、総理大臣を辞任し、議員バッジを外さなければならないのです。鳩山由紀夫脱税総理さま、しっかりと法律にのっとった行動を起こすよう期待しておりますよ。

■東京地検特捜部が会計責任者の元政策秘書を略式起訴(政治資金規正法違反の罪)
「友愛政経懇話会」会計責任者
芳賀大輔 元政策秘書(55)

代表者が会計責任者の監督などを怠れば罰金」(政治資金規正法25条

代表者が罰金刑ならば被選挙権がなくなる」(政治資金規正法28条

被選挙権を失うと議員辞職」(国会法109条

総理大臣は国会議員から指名する」(憲法67条


西田昌司「処罰を受けた場合、政治家本人は公民権停止になるんじゃないですか?」
民主党がひどい!と思ったらこちらを押してください→banner_03


posted by kamiryu09 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 民主党売国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

あえて竹原信一を擁護する
Excerpt: 竹原信一阿久根市長。数々の言動で話題になっている市長だ。先日、免職処分を受けた元係長が、市と市長を訴えた裁判が結審した。 竹原市長は「『職員は市長の命令に服従すべきだ』とする意識がほとんど見られ..
Weblog: 愛国を考えるブログ
Tracked: 2009-12-27 05:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。