2009年12月24日

青山繁晴、鳩山首相辞任を解説!反小沢の乱とは?ポスト鳩山は?

青山繁晴さんが脱税総理・鳩山由紀夫の辞任を解説!すでに政局は始まっているとのこと。鳩山首相の3つの問題上申書提出から生じる法的流れは次のようになります。

■首相として前代未聞の「3つの問題」

  1. 脱税を実質的に認め、上申書を提出
  2. 天皇陛下をめぐるトラブル
  3. 同盟国アメリカから嘘つきと思われている

■上申書提出で・・・

代表者が会計責任者の監督などを怠れば罰金」(政治資金規正法25条

代表者が罰金刑ならば被選挙権がなくなる」(政治資金規正法28条

被選挙権を失うと議員辞職」(国会法109条

総理大臣は国会議員から指名する」(憲法67条

そしてポスト鳩山として、親小沢・原口一博反小沢・前原誠司非小沢・岡田克也を挙げていますが、特捜部の動きによっては小沢一郎本人もあるとか・・・政局は激しく動いています。


青山繁晴「ANCHOR」12月23日(3)


青山繁晴「ANCHOR」12月23日(4)


青山繁晴「ANCHOR」12月23日(5)

民主党の来年度予算の重点要望で、突如、浮上した高速道路会社による高速道路整備について、前原国交相は22日「平成22年度の予算に含めることは余りにも短期間で、方針変更は国民に理解を得られない」という見解を示した

・・・新直轄事業は道路公団民営化に伴い2003年、不採算でも必要な道路を国が税金を投入して整備する目的で採用された。民営化後の高速道路会社は採算の取れる道路だけを建設して赤字の拡大を防止し、高速道路の無料化開放に弾みをつけたはずだった。

そのため前原氏も「今まで我々が申し上げてきた道路整備とまったく違う考え方で、党としてのまとまった議論としても認識していない」と、要望の真意を測りかねた様子。・・・ (2009年12月22日 レスポンス自動車ニュース


民主党がひどい!と思ったらこちらを押してください→banner_03


posted by kamiryu09 at 03:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 青山繁晴ニュース解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

*〔しーたろう〕の 「保守派からのクリスマスメッセージ〜生まれ来たこと〜」 1/2*
Excerpt: ※管理人〔しーたろう〕から皆さまへのご連絡※ 12月15日の天皇陛下と中国副主席とのいわゆる「特例会見」の件、 遠藤健太郎オフィシャルブログさま「外務省『抗議してほしい』」によりますと、 なんと..
Weblog: ガラス瓶に手紙を入れて
Tracked: 2009-12-24 18:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。