2009年11月26日

脱税総理・鳩山由紀夫を「テフロン首相」!シンガポールの卓見がここに!

 脱税総理・鳩山由紀夫のことをシンガポールでは「テフロン首相」です。「鳩山テフロン首相」ですか・・・確かに、テフロンは扱いが悪いとボロボロになるし、空焚きすると猛毒を発する・・・う〜ん、言い得て妙というか、なかなか深いです。何気ない命名の中にも、シンガポールの智慧がうかがえるニュースですね。

◆鳩山氏は「テフロン首相」 シンガポール紙

 今月中旬、シンガポールで開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議では、鳩山由紀夫首相の一挙手一投足に注目が集まったといっても過言ではない。2回行った講演の模様はテレビでも詳しく紹介され、建国以来の一党支配が続くシンガポールは、政権が代わると何が起きるのかを見極めようとしているようにさえみえる。

 そんななか、地元紙ストレーツ・タイムズ(23日付)は鳩山テフロン首相」との見出しで鳩山政権の“謎”を取り上げていた鍋などに施すテフロン加工にたとえ、「何があっても傷つかない」といった意味だ

 沖縄の米軍普天間飛行場の移設問題ではあいまいな答えを繰り返し、政治献金問題でも「恵まれた家庭に育ったものだから」と言い放ちながら、支持率が5割を超える。記事では(同様に)裕福な家に生まれた麻生太郎前首相が同じことを言ったら、政治的に葬られただろう」という安倍晋三元首相のコメントを載せ、失言も痛手とならない鳩山首相に驚いているようだ。

 確かにシンガポールでの講演を聴いても、首相の発言は妙な丁寧語や謙譲表現は目立つが意味は不明瞭(めいりょう)。かつて「言語明瞭、意味不明瞭」といわれた竹下登元首相の話は時々、禅問答のように思えたが、後で意味の深さに気づかされることが多かった。鳩山首相の発言も、実は深い考えに基づいており、いずれ真意がわかるときが来ると期待しているのだが。(宮野弘之)


民主党がひどい!と思ったらこちらを押してください→banner_03


posted by kamiryu09 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 民主党売国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。