2009年10月09日

売国奴鳩山由紀夫、韓国人を顧問にしてエセ学者に「竹島は韓国領」と指導受ける!

鳩山由紀夫が売国奴の本性をむき出しにしています尹星駿(ユン・ソンジュン)などという韓国人を顧問にして売国奴の保坂祐二などというインチキ学者から「竹島は韓国領」なんてレクチャーを受けています

売国ポッポ鳩山の実態を目の当たりにして、民主党に投票した情報弱者の方はどうするつもりなんでしょうか・・・あ、在日・売国奴の確信犯ですか、失礼しました。てなことで、『週刊新潮』10月8日号(P24〜25)をどうぞ。

売国奴鳩山由紀夫、韓国人を顧問にしてエセ学者に「竹島は韓国領」と指導受ける!――『週刊新潮』なぜか「韓国の経済通」を顧問にしていた「鳩山由紀夫」総理売国奴鳩山由紀夫、韓国人を顧問にしてエセ学者に「竹島は韓国領」と指導受ける!――『週刊新潮』なぜか「韓国の経済通」を顧問にしていた「鳩山由紀夫」総理

なぜか「韓国の経済通」を顧問にしていた「鳩山由紀夫」総理

「愛や友情や美といった、ソフトクリームみたいな話ばかり」。かつて中曽根大勲位にこう揶揄された鳩山由紀夫(62)。その甘ったるい政治姿勢は、どうやら相変わらずのようである。なぜか韓国の経済通を顧問に招聘。つまりは我が国の中枢に、他国の“侵食”を認めていることになるのだから……。

 韓流スターファンの幸夫人とともに、韓国料理好きだという鳩山氏。無論、隣国の食文化に傾倒するのは結構である。が、鳩山氏の韓国贔屓の背景には、単に文化面に留まることのない“影”がちらつくのだ。

「10月9日に鳩山さんは訪韓予定ですが、彼は最近、尹星駿という40代の男性を事務所の顧問にし、日韓関係のアドバイスを受けているんです」(民主党関係者)

 要は鳩山氏による日韓外交が、韓国の人間に影響されている可能性があるというわけだ。気になる尹氏の経歴を見てみると、

「63年ソウル生まれで、日本の経団連にあたる全国経済人連合会の研究員を務めるなどの経済通。一橋大学を卒業していて、同級生が民主党議員にいるため、鳩山総理とも縁ができたそうです」(韓国紙記者)

 もちろん、尹氏が日本の国益に適う存在であれば、さして問題はないのかもしれない。しかし、このほど彼が韓国のオピニオン誌「月間朝鮮」(10月号)に寄せた論文には、看過できぬ記述が見受けられるのだ。

〈鳩山の登場は韓国にとって幸運〉

 このタイトルが示すように尹氏の論文は、全編“韓国にとって”好都合のリーダーが日本に誕生したとのトーンで貫かれている。その極め付きが、次の件。

〈当時筆者は、鳩山幹事長に独島(注・竹島)問題に関する歴史的事実関係を理解させる必要があると判断し、独島問題に精通する世宗大学の保坂祐二副教授を紹介した(中略)鳩山氏は(中略)保坂氏の独島に関する説明を1時間30分も聴いていた。鳩山氏は保坂氏の説明を受けた後「勉強になりました」と言いながら感謝の意を表した

 注視すべきは、尹氏が紹介した“保坂氏”が、日本生まれながら現在、韓国の大学で副教授を務め、“竹島は韓国領”と主張して止まない御仁であることだ。京都大学院教授の中西輝政氏が警鐘を鳴らす。

「そもそも、現職の総理が外国の人を事務所の顧問に置くという話は聞いたことがありません。しかもその顧問は、保坂なる学者を鳩山氏に紹介している。そういった人物を顧問にするのは、日本国民を不安にさせ、総理として思慮不足」

 単なるソフトクリームではなく、いわば“キムチ風味”のソフトクリームだったなんて……。到底理解しがたい、宇宙人の“味覚”。どうか日韓関係の“料理”だけは誤らないでと、切に願うばかりである。

民主党がひどい!と思ったらこちらを押してください→banner_03


posted by kamiryu09 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 民主党の正体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。